政策

吹田翔の会 ポリシー(政策)

明日の吹田が安心して住み続けられるように
暮らしを守る力になります
生きがいを実感できる街作りを進めます
果敢に市政のチェックをおこないます

 日本社会は戦後の高度成長期を経て、今日では低成長期にあり、社会、経済、政治をめぐる様々なシステム、構造も大きく変容し、変革期にあります。そのような影響をうけ、市民の生活も豊かになってきた反面、少子化や雇用の厳しさ、地域での高齢者の孤立などにより、将来に向け不安を抱えている情況です。また、東日本大震災後の復興も十分には達成されていない段階です。以前までは不足のない財源で、行政としても、インフラの整備や定められた福祉施策を手当てするといったことで責任を果たせば良かったのですが、これからは縮小しつつある日本経済、社会の中で、行政がいかにして市民生活を守れるのか? 市民のいきがい作りができるのか? また、未来に向けた活力を創出できるのか? が問われていると考えます。わたしたち「吹田翔の会」はそんな、困難な時代にあって、次世代に安定、安心の市民社会をつないでいけるよう力を尽くしたいと決意しております

わたしたち「吹田翔の会」は

くらし

市民の暮らしを支え、安心して住み続けられる体制を構築します

安心・安全

防災力を高め、緊急時の体制作りに努めます

環境

吹田の緑、街並みを守り、住宅都市にふさわしい景観、生活環境作りをめざします

教育

一人ひとりが豊かな教育が受けられる環境作りをめざします・生涯学習を推進させます

行財政改革

効果、効率的な市業務のあり方を追求します・長期的視点で市財政の健全化を図ります

少子化対策

子供を産み、育てるうえで、優しい街であるよう、あらゆる施策に反映させます

まちの将来力・活力・にぎわい創出

吹田市内では「操車場跡地事業」など、各種大型プロジェクトが着手されますが今後、これらが有効に立地できる条件整備に努めます

政治倫理の徹底

法令遵守の徹底・政治家の綱紀粛正をすすめます

先頭に戻る